読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

017:夏に読んだ本等

読んだ本 雑記

ボロボロのスクラップ&ビルトでも、激動の過渡期にこんな細い糸ででも、重ねて積み上げていくことが、

 

結局は未来や別の存在に 繋がる行為とはまったく関係がないのだとしても、

 

積み上げたものそのものには 物理的な時間の量が加算されていくなかで 重み・厚みが増えて それが「力」になることも あるのだと思うので。

 

 

--

 夏はあまり本を読みませんでした。

 でも人生にかつてないような(身体的に)元気な夏で、猛暑がまったく苦にならず、いろいろ出かけられてびっくりしたよ。

 

 あと、自分でなにか生み出すことに熱中している時期は、情報の吸収にはあまり向かい合えないようです。

 

 

『前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘』ブライアン.L.ワイス

『霊ナァンテコワクナイヨー』美輪明宏

 前世療法、感想は割愛、しかし面白い本でした。

 美輪さんのほうは凄まじく整合性立ってて精神霊的世界の情報も多いのですが、作法・心構えのようなものも相当厳しい/徹底した/現代のスピリチュアルや葬式仏教的宗教観で見聞きしない本格さを感じる一冊でした。

 

 

異類婚姻譚本谷有希子

 今年初めの芥川賞作含む短編集。夫婦の問題も深刻なのですが、個人的には「ペットの始末」という深刻テーマにうぎゃーという……。

 二作目、雪の町の〈犬たち〉の話がすごく印象深いです。

 

 

『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』永田カビ

『世界一周ホモのたび』サムソン高橋, 熊田プゥ助

 どちらもエッセイコミックとはいえ、比較してはいけない深刻さ/軽さのふたつなのですがーー、「大学の授業で紹介されてた」シリーズで。

 前者は本当に作者の生きづらさに共感やら泣きそうやら、よくこんなに他人に説明できるくらい明瞭に、そんな人生の嵐のような数年をまとめたものだなぁ、と。キャッチーな「風俗行きました」はひとつの出口でしかなくて、人生の谷底から踏み出すあらゆる道を提示してくれるような、そんな勇気をくれるエッセイ/作者さんでした。

 後者は「なか見」の時点でなる「うぉぁ」という印象そのまま、かと思いきやいきなりプーケット津波に流された話から始まるなど、作者さん(?)の相当びっくりする人生が垣間見られる、といったほうが感想としてしっくりくる。

 

 --

たぶんちょいちょい書いたけどマンガも羅列

『A-A'』萩尾望都

『櫻狩り』渡瀬悠宇

赤髪の白雪姫(1)』あきづき空太

 

 赤髪の白雪姫、あれからずっと気になってしまってだな。早見沙織さんをはじめ他のOP/ED曲にもハマって幸せに浸ってます。続き読めよと自分に言いたい。

 宇宙モノ短編集の『A-A'』は最終作「きみは美しい瞳」が……、受け止めきれない……。

 美しい(心の清い)人間のもろさとか、あるいは人間が五感世界を認識するときにいかに視覚というものを拠り所とするかについて、相当深いところまでぞっとさせる作品でした。

 

(あと相当前に読んだんだけど抜けてたような)

『MAMA(6/完結)』売野機子

俺様ティーチャー(1)〜』((12)あたりまでか?) 椿いずみ

 

 『俺様ティーチャー』が面白すぎて面白すぎて、しかし自分が「『俺様ティーチャー』くらい面白くないと続き読みたくない!」とか言い出すんだったらちょっとそれはハードル高すぎではと(以下略)。

 どうでもいいけど学校に「うさちゃんマン」の仮面が再現されてかかってる。いい学校や。

 

(めっちゃ最近)

『プラチナ・エンド(1)』大場つぐみ/小畑健

それでも世界は美しい(1)』椎名橙

『テル・セル(2)』遊行寺たま

とりかえ・ばや(9)』さいとうちほ

『天賀井さんは案外ふつう(2)』城平京/水野英太

 

 個人的には「天賀井さん〜」は相当の問題作なのですが、いや自分では謎の中毒性でハマっちゃうし、しかし他人に「これの面白さまったくわかんないんだけど」と言われても大きく頷くだろうし(笑)、

 

 たぶん『スパイラル~推理の絆~』のファンだから、くらいの理由ではついていけなくて、城平氏推理小説デビュー作『名探偵に薔薇を』を読んでやみつきになったからとか(それもはやただの信者やんけ)、  その割に『虚構推理』はまだ読んでない。

 

  ジャンプSQの感覚/ノリ/時代観はしばらく楽しめなさそう(心洗われる花ゆめ世界に逃げていたい/笑)、しかし『プラチナ・エンド』の主人公を見て思うのは「親の(よい)教育ってすごい」でした。

 

 うーむむむ、

「少女マンガなんて読まない・読むとしても『誰でも楽しめる少女マンガ』系」派からいつのまにか、「少女マンガか、『少女マンガ好きでも楽しめる少年マンガ』しか読まない」になってるようなラインナップだな(汗)。

 

追加

LOVELESS(10)』高河ゆん

 相当、物語の展開まで含めて作者の感性で描かれている作品だったんだな、と久しぶりに読んで実感、この巻は震災の年に描かれた数話だというのもあるのかな。

 おまけマンガにガンダム00の刹那たちが……、比べてみるとそんなに似てない。ていうかLOVELESSキャラたちが00キャラたちを「一刀両断!」て感じで評していくの、めちゃ怖い。マリナさんを「ああいう女がヤバいんだよ!」みたいな、おぅぉ。

016:なんとはなしに思うこと

日々のこと 自分のこと

いちど生まれたら 死ぬまで

自我は途切れることもない。

 

いつしかみんな、それが普通のことになっている。

もとよりずっと普通のことだったかのように。

 

生まれる前、死んだあと

今思っている自我でなくなっているはずの期間も

悠久の時 何千年、何万年、もしかしたら何億年を

意識はずっと 今と同じように目覚めている。

まどろむことはあっても……。

 

いちど生まれてみて 今に至るまで

表層意識ですら あまり途切れない。

 

表層意識のままでいても 今は

「永遠」とか「心の中の宇宙」と普遍的に呼ばれてきたものを

自我から伸びる精神構造のモデルとしてひとたび把握したように

感知し、心の有り様によって 触れることができる。

 

そこまで おそらく生前や死後の意識と近い感覚に

立つようになった自我というものは、

もうきっと 死んでからも 途切れることもなく

その自我であり続けうる意識になったのかもしれない。

 

案外、

スピリチュアル的な「覚醒」「目覚め」というものも

言ってしまえば そういうことなのかもしれないと思う。

 

 

離脱体験だとか、

高次の自己というものの認識、融和だとか、

あるいは日々の感情の体験を把握するようになることとか、

「魂の意識に目覚める」という道には、いろいろな標識がある。

 

 しかし目に見えない世界の嵐が過ぎてみれば、

  

(まだ私の視座は 深く 現実にあって

むきだしの魂のまま ほかの 悠久の自我を泳いでる人たちに

向き合うことはできずにいるけれども、)

 

(あるいは日々の感情の体験の中では、

東洋宗教的な「悟り」や、ヘレニズム哲学の考察した

感情を見つめる境地に 常にいられるわけではないが、)

 

ひとたび得た いくつもの その精神構造モデルたちは

びっくりするほど頑丈で普遍的なもので、

 

(ほとんど 図画でしか描けないようなものたちだが)

 

自我に組み込まれて、もう、離れないように思う。

生きていて 現実の深度をめまぐるしく浮沈していく中、

あるいは魂が 悠久というスパンにさらされる中、

自己というものがこれから どれだけ刷新されても、

それが磨耗することは ないように思う。

 

 

--

性別というものについて考えていたんだけど、なんか、こういう話になっていっちゃうんだ。

 

ルドルフ・シュタイナーがさらっと書いていくような、魂/霊/身体それぞれの性別というものの有無について考えていたんだけど、

 

要約すれば「心の中の宇宙をいつも感じてる」とか、そういう言葉で感覚的にぱっと言えるようなことに着地しただけかもしれない。

015:少女漫画語るよ

読んだ本 雑記

 自分のHP/創作にばかりに籠っていて、なかなかブログ書くという習慣にならなくて だったんですが、久しぶりに。

 

 つれづれ感想なんですが、「すごい作品なんだけど ちょっと自分が耐性的に弱すぎて 見たことを激しく後悔しつつがたがたしながら見終わっても虚脱」みたいな作品が最近多くて(笑)、

 感想をはきださずにいられないのですが、決してdisる意味合いはないのです。

(ネタバレには配慮しているつもり)

 

○映画「秘密 THE TOP SECRET」

 清水玲子さんの少女漫画の実写化。原作未読。少女漫画だと思って完全に油断してたけどめっちゃハードな犯罪捜査モノのPG12。

 なにが年齢指定ってもういろいろあるだろうけども、個人的には脳解剖とか精神異常をきたした者の世界のシーンがめちゃくちゃつらかった。つらかった。うう(笑)。

 女性がほとんど出てこない、かつ(平和的)恋愛要素などない!!系少女漫画枠作品は、もうほんと往年の少女漫画のいいとこだけ残してえげつないですね。褒めてます。すごいと思います。

 ふつうのエンタメでこの警察内の脳記憶を使った捜査、というネタならそれこそ「PSYCHO-PASS」みたいな作品に仕上がりそうなものですが、PSYCHO-PASSがめちゃくちゃライトで救いがあるように見えてきてしまうよ。事件内容、犯行動機、(個人的には)主人公が女の子だというのも救いになるんだなぁ……! でもギノザさんとか好きなひとには「秘密」もおすすめできるような。

 

 実写というところで2点、

 まず序盤でイケメン俳優が倒れられるシーン、一瞬、くずれおちるその一瞬「え? あれ? 清水玲子さんの絵、そのままだ……三次元なのに……!?!?」となるコマがあって。

 どういうことだったのか(笑)、個人的な錯覚というよりはめちゃくちゃこだわって撮られたシーンの可能性が高いので(るろ剣の監督だし)、そこはちょっとDVDとかでまた見てみたい。

 

 2点目は脳解剖〜脳のシナプス繋ぐ、みたいなシーンですね!

 あれは! ちょっと!! あそこまで力入った実写でやられると、見てるこちらも「他人の脳をスクリーニングする」みたいな異常体験になんというか巻き込まれすぎちゃって、

 映像って、洗脳とか催眠の力も持っているものなので、いやぁ現代の技術でやりすぎると凄まじいなぁ、と……(笑)。意外と、純真な友達とかにいちばん「がっつり見ないほうがいいよ!!」と言いたくなるのはそのシーンだったりしました。

 いや、いい意味でいえば、衝撃を受ける映像シーンは多々あれど、一番すごかったのはそこです。ということ。

 

 ストーリー的にはラスト、「犬」が救いだというのが。

 ああ、あぁ、もううまく説明できないけど、こ れ が 少女漫画の醍醐味だよなぁ…! みたいな感じで、評論的に思い返すのに動悸すらしてきます(笑)。

 なにが言いたいのかこれだけじゃ意味不明ですが、なんだろう。次の作品もそうなんだけど、やっぱり普段、「女性性(へ)の救い」みたいなものを求めて少女漫画を手に取るんだよね。

 それで 登場人物から女の子排除するとか、BLGLだとか、男装女装だとか、そういった仕掛け/装置のなかで やっと、やっと自分の芯に迫るところまで深く物語を感じられるというところがあって、 そういうのが少女漫画が積み上げてきた醍醐味みたいなものだと個人的に思っているのですが。

 この映画だと「現実への救い」が「犬」なんですが(笑えん…)、……うんまじで笑えないわ……。

 

 それで(どのくらい原作通りなのか未確認ですが)、

 少女漫画(作家さん/作品)じゃなかったら、この設定で、この流れで、このシナリオはかかないだろう、というふうに感じるところが多々あって、それがすごく魅力でした。

 

 

 うん、最近読んでなかったけど、大好物なんです、少女漫画の評論とか……へんなわらいがでちゃうくらいな! こっちも思春期末期に命がけで読んでる(読んでた)からな!(笑)

 救いを求めて読んでいって、いちばん救われたのは吉野朔実さんの「少年は荒野をめざす」という作品。吉野さん、今年亡くなられたとのことで、悼むゆとりひとつなかったのですが……、 悲しいです。素敵な作品をありがとうございます。

 

 あとは喜多尚江さん。カバーの紹介とかに「中性的な作品」みたいなちょっとざっくりだけどすごすぎる評があったけど、 そう それ それ。うん。喜多尚江さんの世界はもうぜんぶ「大好物」「癒し」「オアシス」すぎて語るとおかしくなりそうなので、割愛。

 

 

渡瀬悠宇「櫻狩り」新装版

 衝撃。

 いや、人生生きてて、魂の底まで衝撃 みたいな作品に出会うことなんてそうそうないです よ。

 風と木の詩 と比べるのも本当にあれなんですが 個人的にはそれ以来くらいの感覚・震度の衝撃が。

 

 渡瀬さんといえば「ふしぎ遊戯」、とか「アラタカンガタリ」も私は好きなんですが、そ……そういうことじゃなくてだな。同人だったら間違いないくR18のドログロBL殺人大正浪漫なので、はい。

 しかしめちゃくちゃ綺麗なんですよ。

 ほんとに綺麗なんですよ。絵柄? かな、古い言葉遣いかな。雰囲気とかあとはひたすら蒼磨さんという方が。

 

 いや ちょっと 衝撃すぎて、内容語ると悲しみとか切なさでこちらまで崩壊してしまいそうでやめておきますが。読めそうなひとには間違いなく勧める。 

 同じく少女漫画枠で連載された大正浪漫BLの「ゴールデンデイズ」という作品とこの「櫻狩り」の、この受ける衝撃のベクトルの差はいったい。「BLとJUNEってどうちがうの?」と訊かれたら「そのふたつ読んでみたら」と言いたくなる気もする。JUNEは後者です!と(笑)。

 「ゴールデンデイズ」に関しては”やっぱりこれは同性愛じゃなくて友情がテーマなんだなぁ(ゲイだけど)”みたいなところがあってホントに爽やかで泣けるんですが、

 ゴールデンデイズにはさ、めっちゃかわいい男装妹(幼女)が出てくるんですよ。

 さっきから話したいのはその 少女漫画に出てくる女の子のことなんだよ。 ずっとそれが私の中、テーマになって離れないんだよ。

 

 というわけで「櫻狩り」に関してなんですが、

(ネタバレなしのつもりなのですがきわどいかも)

 櫻子様まわりの正体/真相がわかったときに、わっと全部今までのものが救われたような・許せるような感じを受けてしまって。それがいちばん読んできた自分の……腐女子の性(サガ)(?)みたいなものを感じてしまったとこで、自分で衝撃だった。

 自分はそんなに女の子が怖いか、と。

 

 櫻子様がもとのままだったら、全っ然救われなかったな、と。

 それまでの櫻子様の存在の、重いこと重いこと……。怖かったのか? 女の嫉妬とか狂気が?(幼女なんだけど) 

 

 身近に読んだ人がいたら一番感想聞いてみたいのはそこだなぁ。

 

--

 という感じで「怖いもの見たさ」通り越して「逃げたい、がしかし!!!!」みたいなふうに読んでしまった衝撃作でした。

 

 ちょっと一番個人的にウワァァァな感想を言わせてもらえるなら、

 あれだよ

 絵柄 が   幻想 水 滸   伝 (小説版) すぎて

「あれ ジョ…イがいる(目の錯覚か…)」

「ジョウイがいる(確信)」

「毒殺キターーーーーー!!!」

「ごめんちょっとこれ全部トレスしてアナベル様殺害と皇帝毒殺ジョウイくん再現してもいいですか」

 

 みたいなへんな動悸がしてくるんだよ!! 助けて!!

 

 ホントにまわりくどい言い方しかできない自分に苛立つんだけど、私は知りたいんだよ! 幻想水滸伝ならジル様もナナミもあらゆるヒロイン大ッ好きなのに、ガンダムとかでも女の子キャラ(ex)ステラ)好きすぎて萌えすぎて死ぬ!!みたいになるのに、

 なんで少女漫画とかだと女の子キャラが嫌になっちゃうんだよ!

 というのが。

 

 

さいご

フジリュー版「銀河英雄伝説」2、3巻

 死ぬ。

 心臓に悪すぎる。

 ちょっと もう あの フジリュー様、私 あのヤンさんの家で猫元帥がルンバに乗ってるだけで 昇天しそうなほど幸せですから、

 

 道原かつみさんのイラストの文庫を読んでたので、もう、次 キャラがどんなキャラデザで出てくるのか 心臓に悪すぎて、

 

 もれなくフジリュー作品の「ひどいヒロイン(褒めてる)」になってるフレデリカさんとあのヤンさんとユリアンと猫元帥とキャゼルヌ先輩らへんのヤンファミリーを思うだけで ちょっともう 死ぬ 悶え死ぬ。 いい意味なのか悪い意味なのかちょっともうよくわかんないです はい。

 フジリューファンとして生きてきてよかったです。

 銀河英雄伝説に別口で出会っていてよかったです。

 こんなに いや間違いなく幸せなんですが あの 混ぜるな危険(ry

 

 ……、

 

 ロイエンタールとミッターマイヤー出てくるのも怖すぎるんだけど、 私がいちばん好きなのはもう!!!あの!!!!!

 フロイライン・マリーンドルフ伯爵令嬢なので!!!

 

 もう道原さんのキャラデザで見ていてもう、もう(割愛)、アニメ版のOPを初めてみたときのアニメ版マリーンドルフ嬢が(有名なのでずっと昔かちらりと見たことはあったんだけど)「こ の 子 か ーーーーーー!」みたいかん感じでもう、もう(割愛)、なんであんな子放っておいたしローエングラム侯、

 

 少年でもかわいい。女の子になってもかわいい。

 ざっとフジリュー作品を脳内検索して出てくる男装少女/少年風少女が  ニキちゃん?(?) あれ? ニキちゃんだけ だと 心配すぎる ヒーホーとか富良兎ちゃんとか素晴らしすぎる女の子キャラいっぱいいるのになぜ

 

 それでめちゃくちゃ怖いんです。

 マリーンドルフ嬢は あああでもフジリュー的なキャラ崩壊とか暴走ヒロインも見てみたいし すみません黙ります。

 

(語り口比べると、ああ、うん、今めちゃくちゃ好きな作品なんだなぁ、と…笑)

 

 

おまけ

あきづき空太赤髪の白雪姫

「え あれ 意外とこういうふつうの(?)花ゆめ作品読んでみたらいいんじゃね?」と今更手に取った話題作。

 もう、絵が、すごい好き。

(ちなみに好きな絵柄って高河ゆんさんと渡瀬悠宇さんなんですが)

 

 素敵な王子様がふっつうに出てくる等で、そこが今はもうちょっときつくて「ふつうの少女漫画アレルギー」ってこれかと再認しそうなところもあって、続き読めそうになかったものの、

 なかったものの!!

 

 声優の早見沙織さんの歌声が大好きだったんです。ずっと。

 知らないアニメのキャラソンとか、声を求めてずっと聴いてて(笑)。

 

 その早見さんが 知らなかったんですが この「赤髪の〜」の主題歌で満を持してソロデビューなさっていたとのことで。

 その歌がもう、早見さんの歌声がもう、聴けるのが嬉しいのか好きだから聴いてるのかもうよくわからんけどめっちゃ好きで(笑)、これはもう原作/アニメも追ってみるしかないだろ、というところに着地しました。

 ふしぎな出会いでした。

 

 

--

 いやほんと「櫻狩り」の衝撃から立ち直れないし、

 誰か読んでみて(笑)。

 

 最後に何言うんだよって感じですが (そもそも)恋愛沙汰、エロ、流血、病的なもの/人物がどうにも……苦手で……(となると「櫻狩り」とか完全に”なぜ読んだし”案件なんですが)。

 それでもそういう世界にハマってしまって、出てきたときに、

 

 自分はどういうものを創っていきたいのかな、と、まったく違う視野/斬りこむ視点が得られていて、目が開けます。

 私は そうだなぁ、 やっぱり明るいものが好きだと思う。