読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

012:そんな英語で大丈夫か

 唐突にカミングアウトしておくと、臨死体験からの入院を経て、巫女的な能力の獲得があり、去年はひいこらしてました。

 専門家・医師によっても巫女だのクンダーリだの、この間の入院は熊本地震で影響を受けたんじゃないのだの……。

 

(でも、病院にいると、話す相手の不調部位に共鳴して痛みを受けてしまって、大変つらかったです。笑)

 

 

 まぁそれはさておき、

 昨日の今日で鞍馬さんに参拝してきました。

(……いや、忘れ物があったので、受け取りがてら)

 

 ノリと勢いで、走って頂上まで行きたいくらいの勢いで今日も登って、頂上で「鞍馬の神さま」へ挨拶を済ませ。

 

 と、外国の方にお会いしました。

 

 比叡山の見える頂上、昨日、虹が出ていた場所です。

 話しかけてみると、これから温泉へ向かうところだとか。

 

 いっしょに下山することになり、

 つたない英語で、雑談。

 深い森なので、Miyazaki's Princess Mononoke〜!とか。

 大杉(ご神木)は英語的にはなんたらかんたら〜と。

 

 さて困ったのは

 

「魔王之碑」

 

 …………。

 

外国の方「なんてかいてあるの?」

俺「魔王、……で、でーもん」

外「ほわっつ!?」

俺「Oh, NO!!! Ummm, ...!!!

  ゲーテ! ゲーテ! ファウストゲーテ

  じゃなくて、Oh, シューベルト!」

外「………???」

俺(Wikipediaシューベルト「魔王」の項見せる)

 

   『魔王』(まおう、Erlkönig)

 

外「Ummm………???」

俺「うむぅ、……

 There are テイルズ、

 Long long ago、

 魔王 from ギャラクシー

 in this mountain」

 

 わ れ な が ら ひ ど い 。

 そんな装備(英語)で大丈夫か。というエルシャダイ的な声が聞こえてきそうだ。

 

俺「Ummmm、

 He is バイブルにはいない(と思う)!

 He is Not Satan!!」

外「Oh, YES;)」(的な)

 

 

 帰りがけ、まぁさすがに調べたよね。

 常識的に考えて、「魔王 英語」で調べればよかったんだよね。

 

 しかしまぁ、「魔王 英語」 適訳:なし

 

 LuciferさんとDevil、Satanが同一かどうかだって、神学的に大論争になっている箇所ですよ。ミルトンの失楽園は創作なので。

 

 知恵袋さんには「Elf King」というような斜め上を行く訳も。

 (指輪物語クラスタは帰りの電車で爆笑が抑えられずに苦しむ)

 

 …………?

 鞍馬の魔王さん(神さま)は何もんなのです?

 

 

 先ほど母に相談したところ、

「遠い昔、金星からSpiritが降り立った、

 それをKingとしてKuramaの人々はお祀りした」

 を英語で言えば? だそうです。

 

 たしかに、一番、ニュートラル……。

 余談ですが、フランス語圏の方は「Ku"r"ama」の発音がとても難しいようです。

 

 I must learn English......

 マジックザギャザリング(カードゲーム)を教えてもらおうにも「英語は読めますか?」から始まる時代だ……。

 

---

 

 それはそれとして、星がよく見えました。

 居合わせた人が教えてくれたのは、火星と金星。

 

 あとは家で調べると、アルクトゥルス、北斗七星あたりが見えていたようだ。スピカ、レグルス、ずっと伸びてプロキオンあたりも。

 

 ベガ、アルタイル、デネブーーいわゆる夏の第三角はわからなくて、でも次に見る機会があったら、その三つがわかれば天の川がわかる、かも、しれない。

 

(居合わせたその人によれば、鞍馬も山の上まで行けば、天の川は見えるでしょうねとのことでした)

 

---

 

 ……?

 ヒンドゥー教のサナト・クマラという名前を出せばよかったのか……?(魔王について)

 

 そして唐突ですがエルシャダイがやりたいです。

 あとサモンナイトのサントラ、加藤いづみさん曲について語りたくてたまりません。太陽が呼んでいるから。